xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> おメメパッチリの美人妻

月間!風俗体験談

おメメパッチリの美人妻

おメメパッチリの美人妻が風俗求人サイトから入店。

 

あまりにもタイプな容姿とスタイルだったので、思わず
衝動的に指名してしまった私。

 

年齢は31歳 結婚して4年目だが、子供はまだいないらしい。

 

スリーサイズはT:155cm/B85cm(C)/W:60cm/H:86cm

 

風俗求人サイトに応募した動機は、経済的事情から。

 

一応、会社員をしている旦那であるが、一向に給料が上がらず
困り果てた彼女は、昼間アルバイトをすると嘘ついて、こうやって
風俗店で働く事にしたそうだ。

 

どうやら男性経験は乏しいらしく、ホテルに入る時から、妙にぎこちなかった。

 

「どうしたの?緊張してるの?」

 

「あ、はい… 実は、ラブホテルって入るのが久しぶりなんで、何だか勝手も分からなくて」
「すいません。 折角、忙しい中、こうやってきて頂いているのに、何だかプロっぽくなくて」

 

「いやいや。そういう気配りというか、意識が高い事はいいことだね。 経験値っていうのは
しょうがない部分があるからね〜」
「経験値はこれから仕事を通して積んでいけばいいじゃないか。 でも、経験がないからといって
おざなりな態度や開き直りさえしなければ、まぁ大丈夫じゃないかな」

 

「ほんと優しいんですね〜 優しい人にあたってよかった〜」

 

こんな会話をしていたら、緊張していた彼女の顔も徐々にほぐれ、自分のキャラを出し始めてくれた。

 

ちょっと天然な感じもする彼女だが、基本はしっかりものみたいだ。

 

脱ぎ捨てた私の靴を黙って揃えて並べてくれたり、脱ぎ捨てた服をそっとハンガーにかけてくれたりと
人妻らしい素振りも、性の部分とは別の視点でそそられる。

 

「中々いい奥さんなんだね。 俺は独身だから女性と生活した経験がないから、TVとかで見かける
シーンと連想してこういってるんだけど、ほんといい奥さんだと思うよ」

 

と褒めると、少し顔を赤くして

 

「え〜! やだぁ〜 そんな風にして褒められるなんて… でも主人はこういうことしても喜んで
 くれないから、ホントうれしくなっちゃいます」

 

私は結婚経験がないから何とも言えないが、こういう気配りをしてくれる女性を大事にしたいと思うのが
男性の心情だと思うが、どうやら彼女の旦那は、そんな気はないらしい。

 

私のこの心境は、はたして隣の芝が青くふさふさ…といった感じなんだろうか?

 

「なんだか、あなたの旦那さんは贅沢な人なんだね〜 俺なら君みたいな女性を奥さんにもらったら
一生大事にするけどなぁ〜」

 

プレイ前にちょっと思わせぶりなことを言って、盛り上がりに期待する私であった。

 


Sitemap