xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 大きなオデコと大きなオッパイが印象的

月間!風俗体験談

大きなオデコと大きなオッパイが印象的

大きなオデコと大きなオッパイが印象的などことなくインテリ系な雰囲気が漂う若妻が風俗求人サイトから入店

 

年齢25歳の彼女はスリーサイズ

 

T:153cmB88cm(E)W:59cmH:88cm

 

小柄ながらにムチムチ感がたっぷりと味わえる体は
触っているこちらの性欲をギンギンに引き立てるのに
十分であった。

 

私は彼女の柔らかい乳房を後ろから鷲掴みにしながら
時折乳首を指先でなでたり、摘んだりしながら

 

「何で風俗の求人サイトなんか見てたの? やっぱお金きっついの?」
と、少し嫌らしい口調で、彼女の耳元でささやくと

 

「やぁん… そんな、オッパイ触られながらだとお話できないじゃないですかぁ… やだぁ、気持ちいい…」

 

と、オッパイを触られ続けた事で、すっかりその気になってしまい、もはや会話が出来る状態ではなくなってしまった。

 

今度は彼女を正面に向かせてキスをしながら、その柔らかい乳房を押しつぶすように
下から上へと、押し揉み上げて愛撫をすると、キスをしている私の唇に、嫌らしく舌を
入れてくる彼女。

 

両手で乳房を揉んでいた私は、片方の手を、彼女の腰のあたりやお尻、太ももを撫で回すようにして
摩りながら、股間へと移動させる。

 

お互いベッドの上でひざまつきながら、こうやって触りあいをしていたのだが、彼女の陰部に手を添えて
クリトリス周辺から膣の入り口当たりを指で摩りあうと、私にもたれかかって、自ら腰を少し揺らしながら

 

「だめぇ… クリちゃんをそんな風にして触られると、とっても気持ちいい…」
「私、クリちゃんとっても感じちゃうの… あぁ〜 すんごい上手〜 今までで一番いいかも」

 

「そんなに気持ちいいの? すごいよがり方してるよ〜」
と、少し意地悪に言ってみると

 

「やだぁ そんな風にいわれると、すっごい興奮しちゃうんだけど〜」

 

といいつつ、本当に感じやすいみたいで、まだ膣の中は本格的に触っていないにもかかわらず
私の指先は、彼女の愛液でビチョビチョになっているのであった。

 

「すごいねぇ〜 クリトリスとおっぱいだけで、これだけ濡れる人はそうそういないよぉ」

 

私も彼女がとても感じやすい体質であることを知ったので、それからというもの
すかさず股間を中心に彼女を愛撫する。

 

クリトリスでかなりの濡れが確認できた私は、指を2本ほど彼女の膣の中に入れて、指先をつかって
その内部をグリグリとしてあげた。

 

余程気持ちよかったのか、彼女は体をよがらせて、悶えはじめ、やがては透明な潮を大量に噴出し
オーガズムに達するのであった。


Sitemap