xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> カリナとかいうタレントに雰囲気が似ている若妻

月間!風俗体験談

カリナとかいうタレントに雰囲気が似ている若妻

モデルであり、最近ではCMやドラマなどでしょっちゅう見かけるカリナとかいうタレントに雰囲気が似ている若妻が、風俗求人サイトから入店していた。

 

風俗求人サイトから応募して、人妻専門風俗で働き出して2日目らしいが
すでに予約や来店指名が殺到。

 

私が彼女と遊べるのは、なんと4時間後だとか。

 

しょうがないので、外回りをして直帰する事にして、適当に時間をつぶし
彼女と会えるまで漫画喫茶に行く事にした。

 

ちなみに、彼女のスリーサイズは
T:160cm/B85cm(C)/W:59cm/H:87cm

 

漫画喫茶で読み損ねていた漫画を一気に読み、時間をつぶす。

 

20冊ほど読み終えたタイミングで、ようやく待ち合わせ時間が訪れた。

 

待ち合わせ型ホテヘルでの利用を選択した私は、所定の待ち合わせ場所である
ホテル街の隅にあるコンビニの角に向かう。

 

そこに到着したら、店に電話を入れて到着を報告する仕組みになっていたので
到着を報告する電話をいれると、すぐに彼女が待ち合わせ場所に向かうという。

 

「すぐといっても、大体5分か10分くらいまたされるのが、この仕事の常識だし
まぁタバコでも吸って待っているか…」

 

と、タバコに日をつけた瞬間に、指名した風俗嬢らしき女性が横から現れた。

 

「こんばんわ〜 今日はお待たせしちゃったみたいですいませんでした〜」

 

「あ〜 いやこちらこそ。連続でお疲れのところ申し訳ないけど、今日は宜しくね〜」

 

「まぁ、そんなこと気にしてくれるなんて。 おやさしいですね〜 今日はお客さんが最後ですけど
 一日の最後にいい人に指名してもらえてよかったです」

 

とても控えめで、胸にぐっと来る一言をさらりといえるところは、さすがに人妻といったところか。

 

そういえば、私は風俗で遊ぶ時、人妻専門店でしか遊ばないが、こんな気の聞いた事を言ってくれた
風俗嬢と遊ぶのは、滅多にないんじゃないだろうか。

 

彼女の気配りは、この台詞だけに限らず、プレイ中も素晴らしいものがあった。

 

部屋に入るなり、私の前にひざまつき、ベルトを丁寧な手つきで緩めてズボンを中途半端に
ずらした後、パンツの中に手を入れて、半立ちになっているペニスを握る。

 

そして、そのまますくっと立ち上がると、ソフトな感じでキスをしてくれた後、すぐに
はげしめのディープキスをしてくれた。

 

すると、私のペニスはギンギンに硬くなっていき、そのペニスを口にくわえるため、再び彼女は
私の目の前にひざまつく。

 

「いかがです?くすぐったくありませんか?」

 

上目遣いの彼女の表情は、とても可愛らしくエッチな表情であった。


Sitemap